インプラント・入れ歯

インプラント治療について

食事・会話をもっと快適に

歯を失って放置していると、食事が美味しくできませんし、発音をしにくくなるうえに、外観的違和感を伴うこともあります。
インプラントは固いものでもしっかりと噛むことができますし、入れ歯のようにずれたり外れたりすることはありません。さらにブリッジのように周辺の歯を削る必要も無いので、お口の健康に貢献します。

こんなお悩みはありませんか?

  • 歯が抜け落ちた
  • 入れ歯のせいで食事が美味しくない
  • 今ある自分の歯を残したい
  • 最近あまり固いものが噛めない

当院のインプラント治療のこだわり

科学的根拠に基づいた診査診断

インプラント治療は手術を伴うこともあってプレッシャーを感じる人も少なくないでしょう。そんな方にも安心していただけるように、当院は歯科用CTなどを用いて精度の高いデータを取得し、科学的根拠に基づいた診断を行ってから治療を進めていきます。患者さんへの説明も丁寧に行いますので、何でもお気軽にお尋ねください。

ストローマン社のインプラントを採用

当院はスイスに本社があるストローマン社が開発・販売しているインプラントを使っています。インプラントのメーカーは世界に多数存在しますが、ストローマン社は世界4大インプラントメーカーのひとつに数えられるほどのシェアと実績を持っていますから、当院としても安心して利用することができます。

インプラントのメリット・デメリット

Merit

  • 周囲の歯を削る必要がほとんどない
  • しっかりと噛めるようになる
  • 噛み合わせが安定する
  • 噛む力の衰えを防ぐ

Demerit

  • 治療期間が長く、体力的な負担がかかる
  • 保険適用外のため、自費による診療となる
  • 術後に痛み・腫れ・出血・合併症を伴う可能性がある
  • 術後も定期的なメインテナンスをしないと、機能が落ちることがある
  • 治療した個所に食べ物が詰まりやすくなる

インプラントの治療の流れ

  1. Step01検査・治療計画

    インプラントの治療では、人工歯根を顎の骨に埋め込む手術を行います。当院は手術のリスクを最小限にするために歯科用CTで精密なデータを取得し、高精度のシミュレーションを行って安全性を高めています。

  2. Step02インプラント治療開始

    綿密に作成した治療プランに沿って、インプラントの埋入手術を行います。手術と言っても数十分で終わるもので入院もありません。埋入手術後はインプラントが顎の骨に定着するまでに1~6ヶ月程度の期間をあけます。

  3. Step03アバットメントの装着

    インプラントが顎の骨に十分に結合したことが確認出来たら、アバットメントという部品を装着します。アバットメントはインプラントと人工歯を接続する中間的な部品としての役目を果たします。

  4. Step04人工の歯(上部構造)を装着

    型取りを行って、患者さんのご要望に合わせてセラミックの素材を使って人工歯を作製します。完成した人口歯を装着して、噛み合わせを調整すれば治療は終了です。

  5. Step05定期メインテナンス

    インプラントは適切なケアをしないと、歯周病のような病気になって維持できなくなります。そのため、治療完了後も定期的にメインテナンスにお越しいただいて、プロフェッショナルケアを行っています。

治療期間・回数

期間 回数
インプラント手術 1ヵ月~6ヵ月 4~6回
上部構造 1ヵ月~2ヵ月 2~4回

入れ歯(義歯)について

あなたに合った入れ歯を

入れ歯は歯を失ったときの選択肢として広く浸透しています。
部分的な欠損でも、すべての歯を失ったときでも対応できる柔軟性がありますし、保険診療と自費診療の選択肢があるので種類も豊富です。
入れ歯に対しては「噛みにくい」「見た目が悪い」などのネガティブなイメージもあるようですが、近年はさまざまなタイプから選ぶことができますし、当院はフィット感の高い入れ歯を提供できるように丁寧に作製しています。

こんなお悩みはありませんか?

  • 入れ歯が痛くて噛めない
  • 食べ物が入れ歯に挟まりやすい
  • 入れ歯が落ちてしまう
  • 食べ物が食べにくい

入れ歯の治療の流れ

  1. Step01ご相談・カウンセリング

    当院の入れ歯づくりは、まず患者さんのお悩みやご要望をしっかりと伺うことから始まります。また、入れ歯を作る際には選択肢が多いので、それぞれのメリット・デメリットを丁寧にお話しして患者さんの理解を重視します。

  2. Step02検査・診断

    カウンセリングの後は検査・診断を行います。フィット感が高い入れ歯を提供するためには、現在のお口の状況や骨の状態などを細かく把握する必要があります。

  3. Step03使用中の入れ歯の調整

    使用中の入れ歯があれば、新たな入れ歯ができるまでに不快さを減らすことができるように、既存の入れ歯の調整を行って少しでも快適性を向上します。

  4. Step04治療計画の説明

    検査診断の結果に基づいて治療計画を提案いたします。まず患者さんに現在の状態をお話しし、どのような入れ歯を作っていくのかを説明します。メリット・デメリットに加えて、かかる時間などもお伝えします。

  5. Step05治療

    提案を了承いただけたら治療を開始します。むし歯や歯周病があればその治療を優先して行う場合があります。その後あごの動きを把握するための型取りを行って、咬合器を用いて入れ歯の精度を高めていきます。

入れ歯の完成後は定期的なメインテナンスを

入れ歯は完成した後でも定期的に調整を行うことで、快適に使い続けることができます。
ご本人も気づきにくいことですが、人間のお口の中は日々少しずつ変化していくので、時間が経過すると入れ歯も合わなくなっていくからです。また、新しい入れ歯を使ってみて気づく点があれば、その部分も調整します。

ページトップへ